斎藤英喜の部屋>〜著作一覧の部屋〜

 

〜 雑誌・新聞・書評・出演 その他 執筆 〜

(Update.2017.0829)

 

・書評執筆 [20166]

  いま、もっとも「方法論」を問う一書として

津田博幸 『生成する古代文学』森話社

>>『日本文学』日本文学協会 20166月号 .54ページ

 

(津田博幸『生成する古代文学』   http://amzn.to/28tyI8u

 

 

――――――――――――――――――――――――

20165

  「一寸法師は、なぜ”法師”なのか」 152ページ

  『歴史学への招待』 世界思想社/佛教大学歴史学部 (編集)

 

》佛教大学 歴史学部で学びたいという高校生限定で配布中⇒こちら(数量限定)

 

 

――――――――――――――――――――――――

・寄稿 [2016312日発売]

『陰陽師の世界』 別冊宝島 2443

p.46〜最新研究で進む”謎”の解明 「陰陽道」「陰陽師」の実像と歴史

p.90〜土佐・いざなぎ流と奥三河花祭り 今も残る「陰陽道」の呪術・死霊祭祀

 

――――――――――――――――――――――――
・テレビ出演  [2016年 527]
「高島礼子・日本の古都〜その絶景に歴史あり」BS-TBS 

40 京都歴史ミステリー「安倍晴明の謎」 http://www.bs-tbs.co.jp/info_news/koto/

 

――――――――――――――――――――――――

・コメント掲載

『読売新聞』 夕刊 201623日付

[民ゾクッ学]晴明伝説 津波から守る

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/?from=flg#!/news_20160203-118-OYTPT50328/list_NEWS%255fMAIN_12

 

――――――――――――――――――――――――

・インタビュー

  『朝日小学生新聞』  [2016119]

「ゲームに登場する日本の神様」 参考

 

――――――――――――――――――――――――

・テレビ出演  201623日 

関西テレビ ゆうがたLIVEワンダー「みんなのギモン」〜節分

 

 

――――――――――――――――――――――――

・寄稿  [201511]

  「呪術と祈祷の深層へ」~『呪術と祈祷の日本史』  別冊宝島 2413

 

――――――――――――――――――――――――

・テレビ出演  

 片岡愛之助の解明!歴史捜査  「陰陽師・安倍晴明 超人伝説の真相を追え!」詳細

放送日 2015年 1015日(木)夜9時〜10. BS日テレ

 

――――――――――――――――――――――――

・エッセイ  [20159]

 『神話・伝承学への招待』のために

 思文閣出版 PR誌『鴨東通信 NO.99』 

 

購読ご希望の方は、こちらからPDFご覧いただけます

 

――――――――――――――――――――――――

・テレビ出演 2015 813

NHK BSプレミアム「禁断のホラーミステリー 怪異TV

「呪いのタイムリミット」

 

――――――――――――――――――――――――

・テレビ  [2015年 74]

  教え子が出演。研究室の様子が映りました。

 

番組名:NHK総合「あほやねんすきやねん」    

神話伝承妖怪研究会(自主ゼミです)

(関西地域向け限定放送)

 

――――――――――――――――――――――――

・テレビ出演

 「京都 不思議百物語」

2015年 710日 午後7時〜9時放送 KBS京都テレビ

        711日 午後8時〜954 BS11

 (祇園の元芸妓でジャズシンガーのMAKOTOさんと共演)

 

 

――――――――――――――――――――――――

・書評執筆  [20153]

『書評大全』 共同通信文化部 三省堂

  

<書評執筆 7本収録>

勝田至 『死者たちの中世』 吉川弘文館 2003/0807

田中貴子『安倍晴明の一千年』 講談社メチエ選書 2003/1127

水木しげる『水木サンの幸福論』 日本経済新聞社 2004/0506

白水智 『知られざる日本』 NHKブックス 2005/0707

宮尾慈良 『比較芸能論』 彩流社 2006/0525

常光徹 『しぐさの民俗学』 ミネルヴァ書房 2006/1116

菊池章太 『妖怪学の祖 井上圓了』 角川選書 2013/0307

 

 

――――――――――――――――――――――――

インタビュー掲載 [2015120]

 『日経新聞』夕刊 関西View

「節分特集」インタビュー掲載

 

”日経電子版”でも ご覧いただけます。

 Web刊>特集>関西発

 

 ――――――――――――――――――――――――

・エッセイ執筆 [20151]

ミステリアス京都「京都の都に棲まうアマテラス」 11ページ〜

『創造する市民』 第104号 <目次>

京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)300円(税込)

 

[販売場所]

京都アスニー1・2階事務所

京都館(JR東京駅八重洲口正面すぐ)

 

 

――――――――――――――――――――――――

・インタビュー掲載 [201412]

 『佛教大学四条センター講座案内』2015年冬期

「洛中楽話 私のこだわり」 趣味の絵画鑑賞について語っています。こちらからご覧いただけます

 

 

――――――――――――――――――――――――

 

・追悼文執筆―― 2014523日『中日新聞』夕刊

  58日に逝去された、桜井好朗先生・日本中世文化史(椙山女学園大学名誉教授)→詳細

 

――――――――――――――――――――――――

 

・コメント掲載―― 『産経新聞』(関西) [2014223 朝刊]

 

【現代に生きる神話 祭られる神々】

第1部<天地の始まり>(上)天之御中主神 こちらから閲覧できます

 

 ――――――――――――――――――――――――

 

・コメント掲載――『産経新聞』(関西) [2014]

 

「日本人の源流 神話を訪ねて」が冊子になりました(第5部〜8部)。

 コメント2箇所 掲載。

>23ページ「オオクニヌシの試練」

>30ページ「三種の神器 鏡」

 

 ――――――――――――――――――――――――

 

・書評執筆― [201311]

小松和彦著『いざなぎ流の研究―歴史のなかのいざなぎ流太夫―』角川学芸出版

京都民俗学会誌『京都民俗』第3031

 

――――――――――――――――――――――――

 

・書評執筆―― 『比較日本文化研究』16  [201312]

 

書評特集「いざなぎ流」研究の現在と展望

――小松和彦『いざなぎ流の研究』をめぐって :斎藤英喜。

 

――――――――――――――――――――――――

 

・書評執筆―― 『仏教タイムス』  [20131212]

研究者が選ぶ、

「仏教・宗教関係書 今年の3册 2013に、斎藤英喜 執筆。

 

 ――――――――――――――――――――――――

 

       佛教大学 広報誌  [201312]

B-ismNO.7に掲載。

    古代歴史文化賞、みえ賞受賞を伝える記事

    こちらからPDFファイルで閲覧できます

 

――――――――――――――――――――――――

 

・エッセイ執筆―― 出雲、もうひとつの神話の国へ

  中世・大社の神 スサノヲ  山つなぎとめ国土創成 >>参考

『山陰中央新放社』  [2013729日 月曜日 掲載]

    

――――――――――――――――――――――――

                          

・コメント掲載―― 『産経新聞』 [2013818 朝刊]  一面 

 日本人の源流 神話を訪ねて 記紀編纂1300年 第8部

    <天地を結ぶ地・伊勢> (3)

     天照大神(下)

 

――――――――――――――――――――――――

 

    事典執筆――『日本怪異妖怪大事典』。 東京堂出版 [2013 7]

   

   ~掲載箇所~

   かみのたたり  [神の祟り] p.157

   かみのれいげん [神の霊験]  p.160

   ごずてんのう  [牛頭天王] p.234

   しきがみ    [式神]  p.272

   みさき     [御崎]  p.526

 

 ――――――――――――――――――――――――

 

    エッセイ執筆―― 「ヤマトタケル 古事記・本居宣長」 29ページ〜

六月 博多座大歌舞伎 パンフレット [20136]

 

 ――――――――――――――――――――――――

 

コメント掲載――『産経新聞』 [2013428 朝刊]  一面 

 日本人の源流 神話を訪ねて 記紀編纂1300

 

余聞編<三種の神器、由来と今>上

「鏡」天照大神の”分身” 〜神を招き 人間とつなぐ〜

 ――――――――――――――――――――――――

 

    コメント掲載――『産経新聞』 [2013421日 朝刊]  一面 

        日本人の源流 神話を訪ねて 記紀編纂1300

        第6部<出雲からの視点>2  「オオクニヌシの試練」

 

――――――――――――――――――――――――

 

・書評執筆   ――『妖怪学の祖 井上圓了 角川選書 著:菊地 章太

          共同通信発信 『京都新聞』2013317日掲載 >>詳細

 

――――――――――――――――――――――――

 

・テレビ出演  ――NHK BSプレミアム BS歴史館

「平安京・闇のヒーロー 陰陽師・安倍晴明」 [2013314日放送]

 

――――――――――――――――――――――――

 

  エッセイ執筆 ――『マールガ 第88号』佛教大学 宗教教育センター 発行 [2013 3 14]

          くらしの中の仏教語(88) 「龍宮城」 >>詳細

 

――――――――――――――――――――――――

 

  インタビュー掲載――各界の識者が語る「わたしの記紀・万葉」

[奈良県 記紀・万葉プロジェクト]          2013225日更新


『古事記』のおもしろさは、「古代」「国文学」の枠を超えています。
自由かつ奔放な視点で読んでほしい。  >>全文こちらから閲覧できます

 

――――――――――――――――――――――――――

 

コラム執筆―― 佛教大学 学内報 201321日 第468

「鬼退治」の深層 >>詳細

 

 

――――――――――――――――――――――――――

テレビ生出演 2012年 83日 

テレビ愛知「山浦ひさしのトコトン!1スタ」古事記1300年特集

 

 

――――――――――――――――――――――――――

 

・監修――とんでもなく面白い『古事記』 PHP文庫 20127月】

とんでもなく面白い『古事記』 (PHP文庫)  累計96000部。 17刷御礼!!

古事記初心者のための本。 難しそうに思える『古事記』の世界を、

この上なく平易で 明るい解説と ツッコミ満載で紹介。

『古事記』の一大スペクタクルの世界を、漫画・イラストとともに 楽しく味わえる一冊です。

  ご注文はこちらから>> とんでもなく面白い『古事記』 (PHP文庫) 

 

 

――――――――――――――――――――――――

 

エッセイ執筆―― 思文閣出版PR誌 『鴨東通信』201212月 NO.88

《古事記1300年》から「陰陽道」の神々へ  >>鴨東通信サイトから全文閲覧可

 

――――――――――――――――――――――――

 

・『古事記小事典 古代の真相を探る』 [201210月刊行]

勉誠出版 歴史と文学の会[]

  「アマテラス(天照大神) 執筆 p.87

   >勉誠出版 目次はこちら

 

――――――――――――――――――――――――

 

・『てんとう虫』 201210月号  (UCカード会員情報誌

特集:古事記を読む 編纂1300

  「誰が読んできたのか 一三〇〇年のリレー」執筆

 

 

――――――――――――――――――――――――

・『 vol.0036』 角川書店 【2012731 刊行】

  「陰陽師、星を見る」p.254 

http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4041300339&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=kyotoonyodora-22

 

 

――――――――――――――――――――――――

・『古事記 日本書紀に出てくる謎の神々』 新人物文庫 【20127 刊行】

「消失・変貌・再生する神々」p.8〜 

(『歴史読本』201111月号-特集「古事記 日本書紀 謎の神々」の再録です)

http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4404042191&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=kyotoonyodora-22

 

――――――――――――――――――――――――

・エッセイ

吉川弘文館PR『本郷』100  2012年7月 刊行】

「変貌するスサノヲ神話へ」 p.23 目次はこちら

 

――――――――――――――――――――――――

・『古事記がわかる本』 学研 エソテリカ編集部:編   [20124 刊行]

    イントロダクション「古事記と、出会う。」p.12~

    2006年刊行『古事記の本』の再編集、内容を改訂して書籍化)

http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL160_&ASIN=4054052894&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=kyotoonyodora-22&ServiceVersion=20070822 http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=kyotoonyodora-22&l=as2&o=9&a=4054052894

 

 

――――――――――――――――――――――――

「古史古伝」と「偽書」の謎を読む 新人物往来社 [20123 刊行]

      ”『先代旧事本紀』の成立p.198

    2004年刊行『徹底検証古史古伝と偽書の謎―「偽り」と「謎」が織りなす闇の歴史を暴く!』の再録です。)

http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL160_&ASIN=4404041675&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=kyotoonyodora-22&ServiceVersion=20070822 http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=kyotoonyodora-22&l=as2&o=9&a=4404041675

 

 

――――――――――――――――――――――――

・『風塵 11号』同人誌 共著  [20123 刊行]

     エッセイ執筆 ”「古事記1300年」から、ふたたび「歴史」を考えること”

 

――――――――――――――――――――――――

『朝日新聞』 201235日朝刊

「はじめての古事記」 神々の愛憎 壮大な冒険〜 コメント掲載

     ・デジタル版で 閲覧可能 http://t.asahi.com/5tel

 

 

――――――――――――――――――――――――

『週刊ポスト』  2012 1/16合併号

新春特別企画 初詣に見る神仏習合 インタビュー掲載

 

 

――――――――――――――――――――――――

 20123 テレビ出演  「京都1200年の旅」BS朝日)

  旅のナビゲーター 歌舞伎俳優・市川亀治郎さん

 「安倍晴明 京に残る陰陽師伝説」斎藤英喜:監修

・放送日:2012327日(火)22:00〜 [再放送410]

・番組詳細 http://www.bs-asahi.co.jp/kyoto1200/prg_011.html

 

 

――――――――――――――――――――――――

 ・『京都新聞 2011 1229日朝刊

     共同通信発信「探求 にっぽんの宝」 10

     ・・・「古事記」特集  コメント掲載。

”新解釈で輝く神話世界とは・・・”

 

 

――――――――――――――――――――――――

2011年 128日・15日合併号 『週刊 仏教タイムス』

       ・「仏教・宗教関係書 今年の三冊2011」を執筆。

 

 

――――――――――――――――――――――――

 20119月 

歴史読本 2011年 11月号 [雑誌] 『歴史読本』201111月号

 特集「古事記 日本書紀 謎の神々」

            ・巻頭史論「消失・変貌・再生する神々」p.54

 

 

――――――――――――――――――――――――

20119

『佛大通信』No.552 [佛教大学通信教育課程]

BUまなび隊 誌上講義「京都に棲まうアマテラス−神明町と元伊勢の謎

 [2010123日 東京講演]

 

――――――――――――――――――――――――

2011年 5

『歴史学部への招待 歴史を学ぶ 歴史に学ぶ』佛教大学 歴史学部

     桃太郎はなぜ「桃」から生まれたか―「神話・伝承学」への招待”(非売品)

 

――――――――――――――――――――――――

2011年 425日/59

 朝日新聞 夕刊(関西)「めくるめく古事記

     インタビュー掲載。「アマテラス」「出雲神話」について。

 

――――――――――――――――――――――――

20115月 

『口承文芸研究』第34号 書評執筆

      勝俣隆著『異郷訪問譚・来訪譚の研究』和泉書院

 

――――――――――――――――――――――――

20113月  

 よくわかる 日本の神話と神々』新人物文庫 歴史読本 編集部 ()

   ・「神々の舞台−"場”の神話論」 p.86135

    出雲/伊勢/高千穂/三輪山/諏訪/淡路島

    (20024月『歴史読本』「神々の舞台―“場”の神話論」の再録)

                : 書店 詳細 ページ・・・ アマゾン 楽天

 

――――――――――――――――――――――――

20111

 そうだったのか! すっきりわかる 日本の神話

新人物往来社 文庫「歴史読本」編集部 ()・・・書店詳細ページ>楽天アマゾン

『歴史読本』20104月号「ここまでわかった!日本の神話」の

【特集ワイド】(9)「山幸彦・海幸彦」の再録です。

 

――――――――――――――――――――――――

201011

 日本まつろわぬ神々新人物往来社

                    第二章「中世神話に渦巻く異貌の神々」を執筆。

重版御礼。  ・・・書店詳細ページ>楽天アマゾン

 

――――――――――――――――――――――――

20101月 

社寺縁起伝説辞典

社寺縁起伝説辞典』志村有弘/奥山芳広編 戎光祥出版

            p.45「市比売神社」/ p.192「御香宮」/p.307「竹野神社」

p.479「由岐神社」/p.504「六孫王神社」の由来・伝承について執筆。

              ・・・書店詳細ページ>楽天アマゾン

 

――――――――――――――――――――――――

2010 2

歴史読本 2010年 04月号 [雑誌]

歴史読本20104月号 新人物往来社 

・・・書店詳細ページ> 楽天アマゾン

          ここまでわかった! 日本の神話

【特集ワイド】(9)「山幸彦・海幸彦――なぜ「神代」の最後に位置するのか」

 

――――――――――――――――――――――――

 20091120 刊行

        『宗教民俗研究』第19号 日本宗教民俗学会

         書評 p.118〜「憑霊宗教者」の語りの可能性

−アンヌ・ブッシイ『神と人のはざまに生きる−近代都市の女性巫者−』を読む−

――――――――――――――――――――――――

 2009年 『仏教タイムス1210日 第2380

         回想2009 「仏教・宗教関係書 今年の三冊」

 

――――――――――――――――――――――――

2009年 『週刊読書人925日号』書評執筆

・・・吉村均 著『神と仏の倫理思想―日本仏教を読み直す』(北樹出版)

書店詳細ページ>楽天アマゾン

――――――――――――――――――――――――

2009年 4

      最新古代史論―”まほろばの国”ヤマトのあけぼの (歴史群像シリーズ)

      『最新古代史論』歴史群像シリーズ特別編集 学研

           【第一章】ヤマト建国と邪馬台国

           p.46〜プロローグ・神話〜歴史

              『古事記』『日本書紀』に読む「ヤマト王権」の成立

           p.54『古事記』は偽書なのか?「本文は古く、「序」は後世の偽作か」

 

――――――――――――――――――――――――

2009  2

      日本の神話・伝説が面白いほどわかる本 (別冊歴史読本 38)

      別冊歴史読本『日本の神話・伝説が面白いほどわかる本』 
                p.163〜“夷・大黒伝説”/p.169〜“徐福伝説”/p.202〜“桃太郎伝説” 再録

――――――――――――――――――――――――

20085

    神仏習合の本―本地垂迹の謎と中世の秘教世界 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 45) 神仏習合の本』学研 プロローグ執筆

 

――――――――――――――――――――――――

  テレビ出演

2008年 424日 放送】NHK BS ハイビジョン  コメント出演
ハイビジョン特集 フロンティア「異界百物語 〜Jホラーの秘密を探る〜」

    http://www.nhk.or.jp/co-pro/recent/20100314.html

 

――――――――――――――――――――――――

20084月 別冊歴史読本『諸国一宮と謎の神々』 新人物往来社
                  p.169〜 ”新・視点 日本神話の解体新書” 再録

 

20083月 日本口承文芸学会『口承文芸研究』第31

      P.189〜【CD評】『肥後の琵琶弾き 山鹿良之の世界〜語りと神事

 

2008年「浄土宗大本山・清浄華院に鎮座する異形のカミ」
共同通信発信(京都新聞125日、その他)エッセイ執筆

 

2008120日『京都新聞』・・・応答室「十二支に猫が入っている国は?」インタビュー記事

 

2007年『週刊読書人1221日号』書評執筆

・・・伊藤益 著『危機の神話か 神話の危機か 古代文芸の思想(筑波大学出版会)

 

2007年『週刊読書人511日号』 書評執筆

・・・三浦佑之 著『古事記のひみつ』(吉川弘文館)

 

20075 同人誌 共著『風塵 10号』エッセイ執筆

・・・『それでも「神話」が必要ならば

 

200611国語と国文学 2006 12月号 至文堂  
書評> 哲男 著『古代日本文学の制度論的研究おうふうの書評を執筆

 

20067

       古事記の本―高天原の神々と古代天皇家の謎 (NEW SIGHT MOOK―Books Esoterica) 『古事記の本 NSMブックスエソテリカ宗教書シリーズ  学研

 

2005「祭祀系氏族の系譜と実像」

           『歴史読本』20057月号  新人物往来社

 

2004「安倍晴明の基礎知識」

        『歴史研究』200410月号  歴研

 

200421世紀の安倍晴明」

         『21世紀フォーラム』94号 20048月  政策科学研究所

 

2004

新視点『古事記』『日本書紀』の神々 (別冊歴史読本 (90))

      『別冊歴史読本 新視点『古事記』『日本書紀』の神々』新人物往来社

      「天照大御神の新研究」

 

2004「安倍晴明の深層、いざなぎ流の現場」

         『出版ダイジェスト』20045月  出版ダイジェスト社

 

20044 

呪術探究〈巻の3〉忍び寄る魔を退ける結界法

   『呪術探究〈巻の3忍び寄る魔を退ける結界法』原書房

         「いざなぎ流の呪術宇宙 三 式王子という謎」

 

20041

呪術探究〈巻の2〉呪詛返し

呪術探究〈巻の2呪詛返し』原書房

 「いざなぎ流の呪術宇宙 二 「呪咀返し」儀礼の系譜から」

 

 

2004

     徹底検証古史古伝と偽書の謎―「偽り」と「謎」が織りなす闇の歴史を暴く! (別冊歴史読本 (77)) 

徹底検証古史古伝と偽書の謎―「偽り」と「謎」が織りなす闇の歴史を暴く!』新人物往来社

      「 『先代旧事本紀』の成立 」

 

200310「常陸 出生伝説を追う」

         『週刊神社紀行 別冊 安倍晴明を旅する』学研

 

20037

     呪術探究〈巻の1〉死の呪法

 『呪術探究〈巻の1死の呪法原書房

    「いざなぎ流の呪術宇宙 一 「神」となる死霊たち」

 

2003「通史歴史書と『古事記』『日本書紀』」

         『歴史読本』20031月号  新人物往来社

 

2003

安倍晴明と陰陽道の秘術―式神を操り呪術を駆使する安倍晴明と陰陽師たちの活躍 (別冊歴史読本 (64))

安倍晴明と陰陽道の秘術―式神を操り呪術を駆使する安倍晴明と陰陽師たちの活躍』新人物往来社

「安倍晴明と陰陽道の呪術・祭祀」 「いざなぎ流は「陰陽師」か」

 

200210

古事記―記紀神話と日本の黎明 (歴史群像シリーズ (67))

 『古事記―記紀神話と日本の黎明』学研

「古事記はいかに読まれてきたか―『古事記』受容の変遷史」

 

20024「神々の舞台―“場”の神話論」

         『歴史読本』新人物往来社

 

20023「 「日本神話」という不幸 」

         『風塵』八号 風塵社

 

200110

安倍晴明―謎の陰陽師と平安京の光と影 (歴史群像シリーズ (65))

  『安倍晴明―謎の陰陽師と平安京の光と影』学研

「陰陽道の起源と変遷」「宗家・土御門と民間陰陽師の系譜」

「いざなぎ流「呪詛の祭文」と「式王子の呪法」

 

20018

日本神話がわかる。 (アエラムック (72))

    『日本神話がわかる。』アエラムック 朝日新聞社

        「日本神話の〈聖地〉をゆく」

 

2001「日本神話の解体新書」

         『歴史読本』20012月号  新人物往来社

 

2000「基礎から学ぶ 呪術の霊統」

         『歴史読本』20009月号  新人物往来社            

 

20008「「直接性」とスピリチュアリティ―上條勝芳『風景』のために」

 『斜坑』63号 斜坑社

 

20007「陰陽師・ミレニアム」

         『風塵』七号 風塵社 

 

2000「 『日本書紀』読者考 」

         『歴史読本』20006月号   新人物往来社

 

2000

    〈総特集〉安倍晴明―陰陽師・闇の支配者 (KAWADE夢ムック)

    『〈総特集〉安倍晴明―陰陽師・闇の支配者』河出書房新社

「土佐・いざなぎ流と晴明」

 

 

   <斎藤英喜の部屋>